曲木の指輪「インフィニティ」発表しました!

木の指輪
テープ状に切り出した木材を秘密の方法で曲げたシンプルで薄く細い木の指輪
今までは寄木という木材を張り合わせる技法で制作していました。
寄木ではどうしても厚みを3ミリほど取らなければならず
薄くすることは難しかったのですが
今回は「曲げ木」という技法を使い厚み2ミリ弱の薄くシンプルな指輪を制作しました。

 

木の指輪
木材をテープ状に薄く細長く切り出し、秘密の工程を経て柔らかくします。秘密の工程とは曲げ木の椅子など見たことがあるかと思いますが、
同じような工程を経ています。
すかさず丸く巻きグセを付け乾燥させます。
その後、貼り合わせを行います。
上の写真は黒(黒たん)4ミリ幅・1号です。黒檀のような堅い木材で1号サイズで作ってもしっかり曲がります。

木の指輪
目立ちませんが、よく見ると指輪の内側に巻き始め、外側に巻き終わりがあるのがわかるかと思います。
まるで木目が永遠に一周し続けるかのように見えるので
インフィニティ(infinity:無限大)と名付けました。
指輪
インフィニティを代表とする曲げ木の指輪の特徴として
木材の繊維の側面が1周するので光を反射しやすく明るくライトな印象になります。
薄い分強度が心配かと思いますが木材の繊維を切らずに、
円状に巻いていくので強いです。
寄木の指輪と比べた場合、デザインや太さ・木材の種類によって
一概に言えませんが数千個を作ってきた体感でいうと
同等、もしくは厚みを確保する分寄木のほうが強いのではないかと思います。
また木材の繊維の断面が表面に出ないので汗や水分を吸い込みにくく
汚れにくいという特徴があります。

指輪指輪
木材は白(樺:かば)・黄(イエローハート)・赤(レッドハート)・黒(黒檀) から選べます。
きめが細かく上質感のある木材の中から1~30号まで安定して曲げることができること、
また色違いのペアリングにしたときに各木材の光沢・硬質感が拮抗するような木材を選べました。

白(樺 かば):木肌がとてもきめ細かくシルクのような光沢があり、
日本人女性の肌色によく合います。木の指輪屋さんおすすめの木材です。
黄(イエローハート):鮮やかな黄色の木材で、なめらかな木肌を持ち美しい光沢があります。
時間がたつと濃い色になっていきます。
赤(レッドハート):輝くように赤くなめらかな木肌に暗い杢理が走ります。
深みのある光沢があり、時間がたつと褐色に変わっていきます。
黒(黒檀 こくたん):黒檀は硬く緻密な木材です。青みを帯びた黒色になっています。

指輪
幅は4ミリ幅・6ミリ幅・8ミリ幅・10ミリ幅から選べます。
私は通常9号サイズです。現代女性の一般的なサイズです。
以下はそれぞれの4~10ミリ幅の指輪をはめたときのサイズ感です。
4ミリ幅 9号でちょうどいいですね。厚みも薄いので金属の指輪と変わらない着け心地です。
6ミリ幅 9号ではちょっときついですね。9.5~10号がちょうどいいようです。
8ミリ幅 10~10.5号がちょうどいいです。
10ミリ幅 10~10.5号がちょうどいいです。
指の形状により装着感は変わりますので、あくまでも参考としてくださいね。
木の指輪をよりカジュアルに使っていただけます。
木の指輪を楽しんでくださいね。

木の指輪インフィニティの制作期間は2週間程度です。お急ぎの場合1週間程度でも制作可能です。
その際はショッピングカートのコメント欄にご記入ください。

Follow me!